会長・副会長

会長: フィリップ アヴリル

Philippe Avril

2009年来、国際銀行協会のエグゼクティブ・コミティーのメンバー。2017年末に会長に就任。

エコール・ポリテクニック、フランス国立統計経済行政学院大学、パリ政治学院、パリ大学にて、数学・物理・経済・政治学を修了。

1985年 デリバティブトレーダーを皮切りに、Banque Indosuez, Deutsche Bank, 第一勧業銀行, Commerzbank, Royal Bank of Scotland, BNP Paribasで勤務。

パリ、フランクフルト、ロンドン、ニューヨーク、香港のほか、日本での勤務は28年余りに及ぶ。

2009年 BNPパリバ証券東京支店長に就任(2011年 法人化に伴いBNPパリバ証券株式会社代表取締役社長)。

2012年、BNPパリバ銀行東京支店在日代表 兼 BNPパリバ証券代表取締役社長。

2017年、代表取締役会長。

2019年、BNPパリバ銀行東京支店シニアアドバイザー。

エクイティ・デリバティブや金融界に関する著書や寄稿も多数。

日本の金融界の発展・国際化への貢献に対して、2019年に旭日中綬章を受賞。


副会長:  中村 善二

会員担当

2010年5月UBS証券に債券本部長として入社。2012年9月、UBSグループジャパン・カントリー・ヘッド及びUBS 証券株式会社代表取締役社長に就任。アジア太平洋地域エグゼクティブ・コミッティーメンバー。

UBS入社前には、野村グループに23年在籍。ヘッド・オブ・グローバル・フィックスト・インカム、インターナショナル・ヘッド・オブ・グローバル・マーケッツなど、株式及び債券部門において要職を歴任、また執行役及び執行役員を務める。クオンツ・アナリストとしてキャリアをスタートし、ロンドンとニューヨークでも長年わたりビジネスに従事。

早稲田大学大学院修士課程工学修士号取得


副会長:  ローラン デュプス

財務総務担当

2014年11月 ナティクシス日本証券株式会社の代表取締役社長に就任。
日本に於けるナティクシスの事業全般を監督。

ナティクシス・コーポレート・アンド・インベストメントバンキング部門のアジア太平洋地域エグゼクティブ・コミティーのメンバー。

1987年にブリュッセルの ルーヴァン・カトリック大学インスティチュート・マリー・ハップス卒業後、チェース・マンハッタン銀行(現JPモルガン・チェース銀行)ルクセンブルグ支店入行を機にバンカーとしてのキャリアを開始。同行東京支店およびロンドン支店勤務後、1996年バンク・オブ・ノヴァスコシア(現スコシアバング)ロンドン支店に入行、1997年にバンクボストン シンガポール支店トレジャリー・外国為替部門アジア・ハブの責任者に就任。

2001年、日本にてソシエテ・ジェネラル・グループに入社。ソシエテ ジェネラル コーポレート&インベストメント・バンキング・ジャパン(SGCIB)最高執行責任者 兼 ソシエテ ジェネラル証券会社代表取締役社長を経て、2010年にソシエテ・ジェネラル信託銀行代表取締役社長 兼 CEO 並び ソシエテ・ジェネラル・グループ・ジャパンのチーフ・カントリー・オフィサーに就任。2013年、三井住友銀行がソシエテ・ジェネラルの信託業務免許を買収したことに伴い、SMBC信託銀行の取締役会長に就任。現在SMBC信託銀行の社外取締役を務める。

母国語のフランス語の他、英語、スペイン語、日本語を話す。