会長・副会長

会長: フィリップ アヴリル

Philippe Avril

国際銀行協会会長に2017年11月29日に選任される。現在、一般社団法人国際銀行協会代表理事・会長。

1985年8月インドスエズ銀行にデリバティブトレーダーとして入行。その後幹部の一員としてインドスエズ銀行、ドイツ銀行、第一勧業銀行、コメルツ銀行に勤務し、パリ、フランクフルト、東京で要職を歴任。2005年1月アール・ビー・エス証券会社東京支店で、支店長兼在日代表、取締役エクイティ本部長に就任。

2009年9月BNPパリバ証券会社東京支店支店長に就任。2011年5月同社の日本法人化に伴いBNPパリバ証券株式会社代表取締役社長に就任。2012年2月から現職。東京での勤務は20年以上にわたり、著書『日本のエクイティデリバティブ』、『外人金融マンの警鐘』等を出版。

エコール・ポリテクニックにて数学・物理学修士課程修了、パリ大学にて国際マクロ経済学専攻博士課程前半修了、フランス国立統計経済行政学院大学にて統計学・経済学専攻修士課程修了、パリ政治学院大学にて経済学・政治学専攻修士課程修了。


副会長:  中村 善二

会員担当

2010年5月UBS証券に債券本部長として入社。2012年9月、UBSグループジャパン・カントリー・ヘッド及びUBS 証券株式会社代表取締役社長に就任。アジア太平洋地域エグゼクティブ・コミッティーメンバー。

UBS入社前には、野村グループに23年在籍。ヘッド・オブ・グローバル・フィックスト・インカム、インターナショナル・ヘッド・オブ・グローバル・マーケッツなど、株式及び債券部門において要職を歴任、また執行役及び執行役員を務める。クオンツ・アナリストとしてキャリアをスタートし、ロンドンとニューヨークでも長年わたりビジネスに従事。

早稲田大学大学院修士課程工学修士号取得


副会長:  マーク・ハミルトン

財務総務担当

2018年8月29日付で、ステート・ストリート信託銀行株式会社 代表取締役社長に就任。

現職以前は、ステート・ストリート銀行インターナショナル ポーランド支店の副支店長兼チーフ・オペレーティング・オフィサー(COO)として、3500人超のオペレーションスタッフを有するポーランド支店にて通常業務の全責任を負う。

それ以前は、日本におけるステート・ストリート信託銀行株式会社の取締役副社長兼COOとして、セールス、リレーションシップ・マネジメント及び顧客サービス部門を統括。それ以前は、4年にわたり、ステート・ストリートの杭州オフィスにて資産管理サービス業務担当COOを務め、中国でファンド・アドミニストレーション業務に携わる800名以上の従業員を統括。25年以上にわたり、様々な地域で年金基金、保険会社及び個人投資家等の顧客基盤を対象としたグローバル・カストディとファンド・アドミニストレーション業務の幅広い経験を有する。

2003年、ステート・ストリートによるドイツ銀行のグローバル・カストディ業務買収を通じてステート・ストリートに入社。それ以前はバンカーズ・トラスト・カンパニーおよびベイリー・ギフォード・アセット・マネジメントに在籍。